石田 洋太

INTERVIEW社員紹介

最新のICT技術を研究し、
今後の朝日生命・ITAの進むべき道を探る。

石田 洋太
経営企画部 デジタルイノベーショングループ スペシャリスト
2008年入社
システム管理部で メインフレームのH/W、S/Wの維持・メンテ・リプレイスの経験を積んだ後、最新ICTで新たな生命保険ビジネスの変革を目指す
入社の動機と入社してからの
印象を教えてください。
就職活動中は「ものを作りたい」という一心でSEを志すことにしていました。また、社会福祉学科だったこともあり、生命保険の役割である「人の生活を保障する」という点にも興味があり、この合わせ技で「自分のやりたいことは、生命保険システム会社に入れば出来る!」という感じです。
なぜ当社を選んだのかというと、入社選考を「面接」ではなく「面談」と呼んでいることや、会社説明会から伝わってくる「人を大切にする文化」に魅力を感じたからです。また、2次面談の際「ある出来事」がきっかけで「もう、この会社しかない!」と思いました。面談は緊張しっぱなしで元気がなく、思ったことも伝えられず、時間オーバー。そのとき頂いた言葉が「今、この場で2次面談通過をお伝えします。ただ、今のままではあなたは"これで良いんだ"と思ってしまう。当社に入社するしないに関わらず、もっと元気よく自分を表現していかないと・・・」というようなアドバイスでした。ここまで自分のことを思ってくれる会社ってある!?という感じです。
実際入社したあとも、事前に感じた「人を大切にする文化」は間違いなかったですし、今でもそう思います。どんな立場の人も、とにかくちゃんと話を聞いてくれる。そして、その人のためを思って考えてくれる。そういう人が多く、自分の性格に合っているな、と思っています。
仕事の様子
現在の仕事内容について
教えてください。
いわゆる最新ICT(Information and Communication Technology)の研究です。「研究」というと何か新しい技術を使い、試しに作ってみて、本当に使えるか?という実験を繰り返すイメージですが、今年度は情報収集メインで活動しています。最新技術に手を出す前の段階として、今はどんな技術があって、内外でそれがどのように活用されていて、今後どう発展していくのか、そしてそれが生命保険ビジネスにどう影響するのかを調査しています。それを10年という、ある程度長いスパンで未来を描く・・・答えがなく難しい仕事だな、と思います(笑)。ただ、今は楽しさと難しさの丁度いいバランスで、やりがいを持ってやっています。
仕事の様子
仕事の様子
今携わっている仕事と
そのやりがいについて教えてください。
役割としては、中期経営計画で掲げている「朝日生命ビジネスの更なる発展に寄与する最新ICT研究」、「当社のシステム開発・運用自体の飛躍的な効率化等に寄与する最新ICT研究」です。具体的には、朝日生命のイノベーション推進チームとも連携を取りながら「新たな生命保険ビジネス」と「当社の開発・運用・事務等の業務効率化」の両面で、ICTを活用した解決策を調査・研究する、ということになります。ICTの急速な発展により、生命保険業界に関わらず、様々な業界でビジネスの変革が起きており、朝日生命としても、競争に勝ち抜くためにいわゆるInsurTech(インシュアテック)による変革を進めていかなくてはなりません。今後、朝日生命や当社の進むべき道を探る、という重要なミッションを抱えています。
会社や仲間の雰囲気について
教えてください。
現所属(デジタルイノベーショングループ)に来る前は、システム管理部というところで11年ほどメインフレームの維持管理・運用業務を担当していました。メインフレームは生命保険システムの中心であり、システム障害などで万が一止めてしまうと、ほぼすべての業務が滞ってしまうほど最も重要なシステムです。入社5年目の時に、あるメインフレームソフトウェアのバージョンアップ案件のリーダーを任されました。失敗すればおおごとになるという責任感・緊張感の元、案件自体は成功に終わったのですが・・・。移行に向けて、あらゆる局面で朝日生命の方に計画や進捗を説明する場面があるのですが、そこで厳しくも優しく、指導頂いたことです。だいぶ凹みました(笑)。5年目ということもあり、システムの細かい部分ばかりを一生懸命説明するのですが、実は相手の知りたいことはそこでは無かったんです。「なぜやるのか」「危険性はどの程度か」「どうやってその危険を回避するか」の方が、重要なんですね。相手が何を知りたがっているのかをよく理解し、的確に説明していく。SEは技術面だけでなく、コミュニケーション能力が必要と言われているのはこの事か、と。そのことに気付いて以来、周りから信頼を得るとともに、より上手く仕事を進められるようになりました。
仕事の様子
今後、どんなことに挑戦していきたいか教えてください。
今は「未来を描く」というのが仕事ですが、今後は描いた未来をひとつづつ、実現していけたらな、と思います。ビジネスの競争という面は当然のことながら、一人ひとりがイキイキと働けるよう、今までよりも更にいい会社にしていきたい。ICTで変えると言っても、単純に新しい技術を取り入れるだけではダメで、時には会社自体の変革が必要になってきます。組織だったり、一人ひとりの考え方だったり。色々な価値観を尊重しつつ、お客様(保険契約者・朝日生命)やインフォテクノ朝日の皆が「何を望んでいるか」を知らないといけません。そのためにはまず、自ら色んな所に踏み込んでいき、積極的にコミュニケーションを図ることですね。私の一番苦手としているところです(笑)。苦手分野に挑戦することは、必ず自分の成長にも繋がるので、怯まず、躓きながら、一歩ずつ進んでいきたいな、と思います。